桧家住宅ロゴ

  • 光熱費オーナーインタビュー6
  • 光熱費オーナーインタビュー7
  • 光熱費オーナーインタビュー8
  • 光熱費オーナーインタビュー9
  • 光熱費オーナーインタビュー10
  • 光熱費オーナーインタビュー1
  • 光熱費オーナーインタビュー2
  • 光熱費オーナーインタビュー3
  • 光熱費オーナーインタビュー4
  • 光熱費オーナーインタビュー5

我が家でソーラーシステムを使い始めたのは、東日本大震災の当日でした。計画停電の対象地域でしたが、ソーラーシステムから直接電力を確保出来たおかげで、日中は気にせず電気が使えました。もしなかったら、きっと大変な思いをしていたと思います。非常時の予備電源として非常に役立ちましたね。

当初はソーラーシステムを導入している人が周りにおらず、10社以上の業者に聞きに行きました。桧家住宅の担当営業さんは、要望や予算に無理があればはっきり伝えてくれ、より効率よく発電できるように、屋根の向きを変えるといった提案もしてくれました。電気代がゼロになるくらいしか期待していませんでしたが、今ではガス代もかからない上に、売電分がプラスで戻ってきます。導入して2年はずっとプラスで、マイナスになったことはないですね。

予想以上にプラスが出ているので、元を取るまで10年かからないかもしれません。今は、明細書を見るのが楽しみです。近所の方にソーラーシステムについて聞かれ、我が家の明細書を見せてあげたら、導入された方もいます。子どもが学校の授業で太陽光発電のグラフを作ったり、参観日などで他の親御さんたちに尋ねられることも。2年前と比べてパネルの性能も向上しているので、これから家を建てる方なら、導入する価値はあると思います。