桧家住宅ロゴ

  • 光熱費オーナーインタビュー1
  • 光熱費オーナーインタビュー2
  • 光熱費オーナーインタビュー3
  • 光熱費オーナーインタビュー4
  • 光熱費オーナーインタビュー5
  • 光熱費オーナーインタビュー6
  • 光熱費オーナーインタビュー7
  • 光熱費オーナーインタビュー8
  • 光熱費オーナーインタビュー9
  • 光熱費オーナーインタビュー10

太陽光発電システムを検討したのは、とにかく月額の出費を抑えたかったからです。それまではアパートに住んでいたのですが、アパートの家賃+光熱費の合計よりも住宅ローン+光熱費の合計が下回るようにしたかったんです。なので、当時の「全量買取制度」の金額で何度もシミュレーションをしましたね。結果的には、太陽光発電システムを導入したほうが結果的に安くなると思い、導入を決めました。実際に暮らし始めると、毎月光熱費が5千~6千円プラスになっています。オール電化にしているので電気以外にかかるのは水道料。それも売電のプラス分で支払えるので、実質的に生活で必ずかかる費用はほぼ0円になりました。

家を建てたのはちょうど東日本大震災が起きた年でした。あの頃は計画停電などもあり、かなり不便な生活を強いられました。でも、太陽光発電を導入すると予備電源を取れるんです。ケトルでお湯を沸かすくらいのカンタンなものでしたが、寒かった時期だったこともあり、重宝した記憶があります。太陽光発電システムを導入するのは有事に備える、という側面もあるかもしれないと感じました。生活をしていく中での変化は、以前に比べて料金を気にせずにエアコンをつけていられるようになったことですね。それに、これがかなり大きいのですが、貯金できる金額が増えました。以前よりも5~6万くらい多めに貯金に回せるようになったのは嬉しいですね。

太陽光発電を導入し、オール電化にして、さらに桧家住宅の家は泡断熱をしています。だから、冬は暖房を少しの時間だけ使えば暖かさが持続するのでうれしいですね。光熱費は必ず支払うものという意識があったのですが、現在はそれが0円になっています。とにかく、月々の支払いが少なくなったことを実感しています。現在の家で、2年間暮らしてみて、本当につけて良かったと思っています。これからの住宅の太陽光発電システムは必須だと思いますね。