桧家住宅ロゴ

  • 光熱費オーナーインタビュー1
  • 光熱費オーナーインタビュー2
  • 光熱費オーナーインタビュー3
  • 光熱費オーナーインタビュー4
  • 光熱費オーナーインタビュー5
  • 光熱費オーナーインタビュー6
  • 光熱費オーナーインタビュー7
  • 光熱費オーナーインタビュー8
  • 光熱費オーナーインタビュー9
  • 光熱費オーナーインタビュー10

会社の同僚が家を建てたときにソーラーシステムを導入したんです。その人にいろいろ話を聞き、興味を持ったのがきっかけでした。私たちが家を建てた当時は、国と県と市から補助金が出ることもあり、それほど高価なものという感覚もなかったですね。桧家住宅の営業さんにはいろいろ相談に乗ってもらいました。決め手になったのは、初期費用はかかるけれど、電気代も発電した分でまかなえるという部分ですね。

ソーラーシステムを導入して生活が変わったことといえば、夜に家事をするようになったところですね。買電価格は朝、昼、夜でそれぞれ値段が違うんです。日中は高い値段で買って、夜は安い。そうすると、できるだけ夜に電気を使う作業を集中させるようになりました。洗濯機や食洗機などを夜に使う、といったことは心がけるようになりました。

 

平均すると、毎月7千円くらいのプラスになっていると思います。売電で浮いたお金に関しては、食費や生活費に使うこともありますし、余裕がある月には遊興費などになります。こういったお金はやっぱり助かりますし、導入してよかったと、一番感じる部分です。ソーラーシステムを導入することのマイナス面は、今のところまったく感じません。生活全般のことを考えても、導入をオススメしたいですね。