桧家住宅ロゴ

  • 光熱費オーナーインタビュー1
  • 光熱費オーナーインタビュー2
  • 光熱費オーナーインタビュー3
  • 光熱費オーナーインタビュー4
  • 光熱費オーナーインタビュー5
  • 光熱費オーナーインタビュー6
  • 光熱費オーナーインタビュー7
  • 光熱費オーナーインタビュー8
  • 光熱費オーナーインタビュー9
  • 光熱費オーナーインタビュー10

新居の間取りを考え始めた頃から、主人はソーラーシステムの導入を考えていたんです。国や地方自治体の補助金制度もあり、新居をオール電化にすることになったので、ちょうどいいタイミングでした。ソーラーシステムは、昼間の電気代が比較的高い代わりに、夜は安い仕組みですが、昼間の在宅時間が長く、テレビを見たりエアコンをつけていても、光熱費より売電価格の方が上ですね。

まめに電気を消すよう心がけていますが、気にしすぎることなく、自然に節約できています。昨年の震災時は、計画停電の対象地域になり、ガスが使えないので、ちょっと困ったところもありましたが、卓上ガスコンロを使ったり、事前に電気ポットでお湯を沸かしておくなど、自分たちなりに工夫しました。夏や冬は電気を使う量が増えますが、それでも3千~4千円はプラスで、多いと1万円を超えます。せっかくなので、浮いたお金は使わないように貯金。今は光熱費がかかっていないように思えるくらいです。

太陽光発電やオール電化のしくみについてはあまり詳しく無いので、いろいろと疑問がありました。例え ば四人で生活した場合に電気代は浮くの?とか、補助金の申請ってどうやるの?とか。そのあたりは自分 達で調べたり専門業者に話しを聞いたりするみたいなんですが、担当営業さんがほとんど教えてくれたの で、わずらわしさもなく住み始める前から現在まで家のことはストレスフリーですね。